このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

ゼクシィ 意味は性染色体に由来!雑誌の内容と人気の理由

学習

「ゼクシィ」という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。ゼクシィとは、リクルートが発行している結婚情報誌の名称で、その由来は性染色体に関係しています。しかし、ゼクシィの意味や内容について詳しく知らない人も少なくないでしょう。この記事では、ゼクシィの意味や由来、雑誌の特徴や魅力について解説します。ゼクシィが結婚準備に欠かせない情報源となっている理由も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事のポイント

・ゼクシィという名前の由来と意味について
・ゼクシィの雑誌としての内容と特徴について
・ゼクシィが人気である理由と魅力について
・ゼクシィが結婚準備に役立つ情報を提供していることについて

会場探し、結婚準備に迷ったら【相談無料】ゼクシィ相談カウンター

ゼクシィの意味とは?結婚情報誌の代名詞

  1. ゼクシィの由来は性染色体に
  2. リクルートが発行する結婚情報誌
  3. 1993年に首都圏版が創刊
  4. 日本全国に展開し、20の地域版を発行
  5. 中国でも上海版と北京版を発行
  6. インターネットでもゼクシィnetを展開

ゼクシィの由来は性染色体に

ゼクシィという言葉を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。
ゼクシィとは、リクルートが発行している結婚情報誌の名称です。
その名前の由来は、性染色体の「XX(女性)」と「XY(男性)」に由来しています。
つまり、女性と男性が出会い、結ばれるきっかけを提供する雑誌という意味が込められているのです。
創刊当初は「XY」という表記でしたが、現在は「ゼクシィ」と表記されています。
ゼクシィは、結婚を控えたカップルに向けて、結婚式場やドレス、指輪などの情報を提供する役割を担っています。

リクルートが発行する結婚情報誌

ゼクシィは、1993年にリクルートによって創刊された結婚情報誌です。
リクルートといえば、就職情報誌「リクナビ」などでも知られる大手企業ですが、結婚情報誌の分野でもトップシェアを誇っています。
創刊以来、ゼクシィは多くのカップルの結婚準備をサポートしてきました。
現在では、日本全国で発行されており、地域ごとに特色のある情報が掲載されています。
また、近年ではインターネット上でもゼクシィnetを展開し、オンラインでの情報提供にも力を入れています。
ゼクシィは、結婚を控えたカップルにとって欠かせない情報源となっているのです。

1993年に首都圏版が創刊

ゼクシィの歴史は、1993年5月に首都圏版が創刊されたことから始まります。
当時は、バブル経済の崩壊後で、結婚式や披露宴にかける費用を抑える傾向がありました。
そんな中、ゼクシィは「結婚費用節約術100連発」など、費用を抑えることを提案する記事を掲載し、読者から支持を得ました。
創刊から数年は、「出会い」や「デート」といったテーマの特集も組まれていましたが、1995年からはブライダル専門の情報誌として、結婚準備に特化した内容になっていきました。
首都圏版の成功を受け、その後は全国へと展開されていくことになります。

日本全国に展開し、20の地域版を発行

ゼクシィは、首都圏版の創刊から全国へと展開していきました。
2013年時点では、北海道版、東北版、関東版、東海版、北陸版、関西版、中国・四国版、九州版など、20の地域版が発行されています。
各地域版では、それぞれの地域ならではの結婚式場やドレス、料理などの情報が掲載されており、地域色豊かな内容となっています。
例えば、北海道版では雪景色の中での結婚式や、海鮮料理を取り入れた披露宴などが紹介されています。
一方、沖縄版では、青い海を背景にしたビーチウェディングや、琉球舞踊などの演出が取り上げられています。
このように、ゼクシィは地域ごとの特色を生かした情報を提供することで、全国のカップルをサポートしているのです。

中国でも上海版と北京版を発行

ゼクシィは、日本国内だけでなく、海外でも発行されています。
2004年には上海版が、2007年には北京版が創刊されました。
中国では、経済発展に伴って結婚式や披露宴への関心が高まっており、ゼクシィはその需要に応えるべく進出したのです。
上海版や北京版では、現地の結婚事情に合わせた情報が掲載されています。
例えば、中国では「両家顔合わせ」といって、結婚前に双方の家族が顔を合わせる儀式があります。
ゼクシィ中国版では、そうした中国ならではの結婚準備についても詳しく紹介されています。
また、日本と同様に、現地の人気の結婚式場やドレス、料理なども取り上げられており、中国のカップルをサポートしています。

インターネットでもゼクシィnetを展開

ゼクシィは、紙媒体の雑誌だけでなく、インターネット上でもサービスを展開しています。
1998年1月に、結婚情報サイト「ゼクシィnet」がスタートしました。
当初は「イサイズウエディング」という名称でしたが、現在は「ゼクシィnet」として運営されています。
ゼクシィnetでは、結婚式場やドレス、指輪など、結婚準備に関する幅広い情報を掲載しています。
特に、式場検索は人気のコンテンツで、希望の条件に合わせて式場を探すことができます。
また、先輩カップルの体験談や、結婚準備のスケジュールなども掲載されており、カップルをサポートしています。
2001年11月からは、モバイル版のサービスもスタートし、携帯電話からも情報を得られるようになりました。
ゼクシィは、紙とWebの両方で、カップルに寄り添った情報提供を行っているのです。

会場探し、結婚準備に迷ったら【相談無料】ゼクシィ相談カウンター

ゼクシィを買う意味は豊富な情報と付録にあり

  1. 結婚式場やドレス、指輪などの情報が満載
  2. 先輩カップルの体験談や披露宴の費用相場も
  3. 別冊でインテリアや海外ウエディングの特集も
  4. 有名ブランドとコラボした実用的な付録が人気
  5. 婚姻届など、ユニークな付録も話題に
  6. ゼクシィ独自の結婚トレンド調査も実施
  7. 地域別の風習の違いがわかる貴重な資料に
  8. 著名人を起用したCMでも話題を集める
  9. 人気アーティストとのタイアップ企画も
  10. ゼクシィだけでなくマリーミーも人気
  11. 地域限定のフリーペーパー「ゼクシィ○○」も発行
  12. ゼクシィは結婚情報のバイブル的存在
  13. ゼクシィ意味の総括

結婚式場やドレス、指輪などの情報が満載

ゼクシィの最大の魅力は、結婚準備に必要な情報が満載されていることです。
中でも、結婚式場の情報は特に充実しています。
ゼクシィでは、高級ホテルから、ゲストハウス、レストランウェディングまで、様々なタイプの式場が紹介されています。
各式場の特徴や料金プラン、料理や演出のオプションなども詳しく解説されており、カップルが式場選びをする際の参考になります。
また、ドレスや指輪、引出物といった、結婚準備に欠かせないアイテムの情報も豊富に掲載されています。
ドレスは、デザインやシルエット、ブランドなどから選ぶことができ、指輪も様々なデザインが紹介されています。
ゼクシィを読めば、結婚準備に必要なアイテムが一目で分かるでしょう。

先輩カップルの体験談や披露宴の費用相場も

ゼクシィには、先輩カップルの体験談も数多く掲載されています。
実際に結婚式を挙げたカップルが、式場選びの経緯や当日の様子、費用の内訳などを詳しく紹介しているのです。
例えば、「予算内で素敵な式が叶った!」「ゲストに喜ばれる演出のアイデア」など、具体的なエピソードが満載です。
体験談を読むことで、結婚準備のイメージを膨らませることができるでしょう。
また、ゼクシィでは、披露宴の費用相場についても解説しています。
地域別や時期別の平均費用が掲載されており、カップルが予算を立てる際の参考になります。
費用の内訳や、節約のコツなども紹介されているので、賢く結婚準備を進めることができるでしょう。

別冊でインテリアや海外ウエディングの特集も

ゼクシィは、本誌だけでなく、別冊の特集号も発行しています。
その中でも人気なのが、新居のインテリアを特集した別冊です。
結婚を機に新居を構えるカップルも多いですが、インテリアの選び方や予算の立て方など、悩みは尽きないもの。
そんなカップルの悩みを解決してくれるのが、インテリア特集号です。
新居づくりのアイデアや、おしゃれなインテリアの実例などが紹介されており、参考になること間違いなしです。
また、海外ウエディングを特集した別冊も発行されています。
ハワイやバリ、ヨーロッパなど、人気の挙式先が取り上げられており、現地の結婚事情や費用の目安なども解説されています。
海外ウエディングを検討しているカップルにとって、とても役立つ情報が満載です。

有名ブランドとコラボした実用的な付録が人気

ゼクシィの魅力は、情報誌としての内容だけではありません。
毎号、豪華な付録がついてくることでも知られています。
特に人気なのが、有名ブランドとコラボレーションした実用的な付録です。
過去には、ティファニーのマグカップや、ヴェラ・ウォンのトートバッグなどが付録になったことがあります。
これらの付録は、ゼクシィを購入するための大きな動機になっているようです。
また、結婚準備に役立つアイテムも付録になることがあります。
花嫁の手帳や、ウェディングドレスの小物入れなど、実用性の高い付録が好評を博しています。
付録目当てにゼクシィを買う人も多いのだとか。

婚姻届など、ユニークな付録も話題に

ゼクシィの付録は、ときにユニークなものになることもあります。
例えば、過去には婚姻届が付録になったこともありました。
デザインが凝っていたり、有名人のサインが入っていたりと、collectors itemになること間違いなしです。
また、ゼクシィのロゴ入りの風呂敷や、オリジナルデザインのご祝儀袋なども付録になったことがあります。
これらの付録は、結婚準備の実用品であると同時に、記念品としても喜ばれているようです。
ユニークな付録は、ゼクシィならではの魅力と言えるでしょう。
付録は、毎号どんなものが付くのかと楽しみにしているカップルも多いのだとか。
ゼクシィは、付録でもカップルに寄り添っているのです。

ゼクシィ独自の結婚トレンド調査も実施

ゼクシィでは、独自の結婚トレンド調査も行っています。
毎年、全国の新郎新婦を対象に、結婚式の実態や意識についてアンケート調査を実施しているのです。
調査結果は、「ゼクシィ結婚トレンド調査」として発表され、結婚式のトレンドを知る上で貴重なデータとなっています。
例えば、2020年の調査では、コロナ禍における結婚式の変化が明らかになりました。
オンラインでの結婚式や、少人数での挙式が増加していることなどが分かったのです。
また、調査結果は、ゼクシィ本誌でも特集されることがあります。
カップルの生の声を知ることができるので、参考になること間違いなしです。

地域別の風習の違いがわかる貴重な資料に

前述の通り、ゼクシィは地域別に20の版を発行しています。
各地域版では、その土地ならではの結婚事情が紹介されています。
例えば、北海道版では「ジンギスカンパーティー」、東北版では「鯛の尾頭付き」など、地域色豊かな披露宴演出が取り上げられています。
また、関西版では「結納」、九州版では「代参」など、地域ごとの結婚風習の違いも解説されています。
このように、ゼクシィは地域ごとの結婚文化を知る上でも貴重な資料となっているのです。
全国版のゼクシィを読むだけでなく、各地域版を読み比べてみるのも面白いかもしれません。
ゼクシィは、日本の結婚文化の多様性を知るためのツールとしても活用できるでしょう。

著名人を起用したCMでも話題を集める

ゼクシィは、雑誌としての知名度だけでなく、CMでも話題を集めています。
特に、毎年恒例の「ゼクシィ新CM」は、著名人を起用していることで知られています。
過去には、武井咲さんや綾瀬はるかさん、菅田将暉さんなど、人気俳優が出演してきました。
CMのストーリーは毎年趣向を凝らしたものになっており、ときには感動的な内容になることも。
「ゼクシィ新CM」は、ゼクシィのブランドイメージを高める上で大きな役割を果たしていると言えるでしょう。
また、CMソングも話題になることが多いです。
人気アーティストが歌う恋愛ソングが起用されることが多く、カップルの心に響く曲が選ばれています。

人気アーティストとのタイアップ企画も

ゼクシィは、人気アーティストとタイアップした企画も数多く実施しています。
例えば、過去には、人気バンドの「ゆず」とコラボレーションした特集が組まれたことがありました。
「ゆず」の二人が表紙を飾り、結婚をテーマにした対談が掲載されたのです。
また、人気シンガーソングライターの「あいみょん」とタイアップした企画も話題になりました。
あいみょんが結婚式で歌いたい曲を選曲し、そのプレイリストが特集されたのです。
このように、ゼクシィは音楽アーティストとコラボすることで、雑誌の世界観を広げています。
音楽好きのカップルにとって、こうした特集は見逃せないものとなっているようです。

ゼクシィだけでなくマリーミーも人気

リクルートが発行しているのは、ゼクシィだけではありません。
姉妹誌の「ゼクシィPremier(プレミア)」や、「ゼクシィミニ」など、ターゲットを絞った雑誌も発行されています。
中でも人気なのが、「マリーミー」です。
マリーミーは、「たのしい結婚」をコンセプトにしたウェディング情報誌です。
ゼクシィが王道路線なのに対し、マリーミーはオリジナリティ溢れる結婚式を提案しているのが特徴です。
マリーミーには、「DIY婚」や「体験型ウェディング」など、ユニークな特集が組まれています。
従来の結婚式にとらわれない自由な発想が満載で、カップルの参考になること間違いなしです。
ゼクシィとはひと味違った結婚情報誌が読みたいなら、マリーミーもチェックしてみてはいかがでしょうか。

地域限定のフリーペーパー「ゼクシィ○○」も発行

ゼクシィは、全国版と地域版だけでなく、地域限定のフリーペーパーも発行しています。
「ゼクシィ東京」や「ゼクシィ大阪」など、各地域の名前が冠されたフリーペーパーが存在するのです。
これらのフリーペーパーは、その地域ならではの結婚情報が満載となっています。
例えば、「ゼクシィ東京」では、東京の人気結婚式場や、東京らしい演出アイデアなどが紹介されています。
「ゼクシィ大阪」なら、大阪の結婚事情に特化した内容になっているわけです。
また、これらのフリーペーパーは、結婚式場やブライダルショップなどで無料配布されています。
ゼクシィ本誌は有料ですが、フリーペーパーなら気軽に手に取ることができるのも魅力です。
地域密着型の情報が欲しいなら、ゼクシィのフリーペーパーを活用してみるのもおすすめです。

ゼクシィは結婚情報のバイブル的存在

以上のように、ゼクシィは単なる結婚情報誌にとどまらない、多彩な魅力を持っています。
結婚式場探しはもちろん、ドレス選びや引出物選びなど、結婚準備に必要なことがすべて網羅されているのがゼクシィの特徴です。
また、先輩カップルの体験談や、トレンド調査の結果など、生の声も満載です。
ゼクシィを読めば、結婚準備のイメージが一気に膨らむことでしょう。
さらに、豪華付録や、著名人起用のCMなど、情報誌の枠を超えたコンテンツも魅力的です。
ゼクシィは、結婚を控えたカップルにとって、まさにバイブル的な存在と言えるでしょう。
結婚が決まったら、まずはゼクシィを手に取ってみてはいかがでしょうか。
ゼクシィを片手に、充実した結婚準備を始められること間違いなしです。
幸せな結婚生活は、ゼクシィから始まると言っても過言ではないかもしれません。

ゼクシィ意味の総括

・ゼクシィとは、リクルートが発行している結婚情報誌の名称だ
・ゼクシィの由来は、性染色体の「XX(女性)」と「XY(男性)」に由来している
・ゼクシィは、1993年に首都圏版が創刊され、その後全国へと展開された
・日本全国で発行されており、地域ごとに特色のある情報が掲載されている
・ゼクシィは、結婚式場やドレス、指輪などの情報が満載されている
・先輩カップルの体験談や、披露宴の費用相場なども掲載されている
・別冊では、新居のインテリアや海外ウェディングなどの特集が組まれている
・ゼクシィの付録は、有名ブランドとコラボした実用的なアイテムが人気だ
・ユニークな付録として、婚姻届やオリジナルデザインのご祝儀袋なども話題になった
・ゼクシィ独自の結婚トレンド調査も行っており、結婚式の実態や意識についてのデータを提供している
・地域別の結婚風習の違いがわかる貴重な資料にもなっている
・著名人を起用したCMや、人気アーティストとのタイアップ企画でも話題を集めている

その他の記事

結婚相談所スタッフが明かす本音と裏事情

コメント

タイトルとURLをコピーしました