このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

ディープインパクトがウマ娘に登場しない理由

エンターテイメント

ウマ娘プリティーダービーには、オルフェーヴルやゴールドシップなどの人気馬が多数登場しています。
しかし、競馬ファンにとって最も知名度が高く、三冠馬としても名高いディープインパクトだけが、なぜか作品に登場していません。

このウマ娘にディープインパクトがいない理由には、さまざまな説が存在します。馬主である水内洋一氏の意向だった、という見方が有力視されていますが、真相は不明な部分も多く謎に包まれたままです。

本記事では、ウマ娘でディープインパクトが登場しない経緯と理由について、これまでの諸説を整理します。また、ファンからのディープインパクト追加への要望が高まっていることに触れ、作者側に何ができるかも考察していきます。ウマ娘とディープインパクトの関係性に関心のある方には、参考になる内容となっています。

この記事のポイント

・ディープインパクトがウマ娘に登場しない理由
・馬主の水内氏が使用を許可しなかった経緯
・ファンからディープインパクト追加を要望する声が高まっていること
・作者側が追加を実現するための選択肢

ウマ娘にはなぜディープインパクトがいないのか

ウマ娘プリティーダービーは、実在の競走馬を擬人化したキャラクターを描いたメディアミックス作品です。同作にはオルフェーヴルやゴールドシップなど、2000年代の名馬が多数登場しています。しかし、三冠馬として競馬ファンに最も知名度が高いディープインパクトだけは、なぜか作中に存在しません。その理由とは何なのでしょうか。

ディープインパクトは2004年に誕生し、2006年のクラシック三冠を制覇するなど、圧倒的な強さで競馬ファンを魅了しました。引退後は種牡馬となり、産駒もGIを多数制しています。競馬における最大のスターの1頭であるディープインパクトですが、作中には登場していませんでした。

その理由は、作中に登場する馬の設定にあるのではないかと言われています。ウマ娘の馬は擬人化されているため、性格設定が実際の馬とは異なる場合があります。ディープインパクトに関しては、馬主である水内洋一氏の意向により、性格設定を行うことが認められなかったと考えられています。

水内洋一氏は、ディープインパクトのファンに対する責任感が強く、作中でのキャラ設定が本馬のイメージを損なう可能性を危惧したとされています。そのため、作者側に対してディープインパクトの使用を拒否した、という見方が有力です。作中にディープインパクトがいないのは、あくまで馬主側の意向によるもので、作品自体に問題があったわけではないという解釈です。

一方で、法的な問題が関係したとする説もあります。ウマ娘のキャラクター使用には、実際の馬主との許諾が必要になります。ディープインパクトの場合、馬主が個人である水内氏ですが、種牡馬として供用後の権利関係は複雑化しています。この権利処理の過程で、作者側と馬主側の間で使用許諾に関する交渉が難航した結果、作中への登場が見送られたという説明です。

いずれにせよ、多くのファンからウマ娘へのディープインパクト登場を望む声が上がっていただけに、その不在は非常に残念なことでした。今後の展開次第では、作中への追加が実現する可能性も皆無とは言えません。ファンの期待に応えられるよう、作者側も可能な限りの努力をすることが求められています。競馬ファン感激の瞬間が訪れることを、多くの人が願っていることでしょう。

  1. ウマ娘でディープインパクトが拒否された経緯
  2. ウマ娘の馬主がディープインパクトの使用を激怒
  3. ウマ娘にオルフェーヴルはいるがディープインパクトがいない理由
  4. ウマ娘へのディープインパクトの追加をファンが望む
  5. ウマ娘ディープインパクト不在の真相は不明
  6. ウマ娘からディープインパクトが消えた疑惑

ウマ娘でディープインパクトが拒否された経緯

ウマ娘プリティーダービーの企画当初から、作者側は三冠馬ディープインパクトの登場を希望していたと言われています。しかし、ディープインパクトの馬主である水内洋一氏から使用不可の判断が下され、作中への登場が叶わなかった経緯があります。

水内氏は作者側からのオファーを一旦は検討したものの、作中でのキャラクター設定次第では、ディープインパクトのイメージが損なわれることを強く危惧したとされています。作者側が提示した設定案が氏の認識と大きく異なることも判明し、最終的に使用を拒否する決断に至ったと見られています。

当時、水内氏は種牡馬として供用中のディープインパクトに対する責任を非常に強く感じており、産駒への影響も考慮して慎重な対応にしていたと言われます。作者側と水内氏の間で何度か協議が持たれましたが、決定的な開き直りは見られず、ウマ娘への登場が実現しませんでした。

作者側としては、三冠馬としての知名度からディープインパクトの登場を強く望んでいただけに、使用拒否は大きな痛手となったでしょう。ただ、水内氏の厳しい視線を考えると、作中設定を巡る隔たりを埋めることは容易ではなかったのかもしれません。馬主の意向を最優先させることには、やむを得ない面もあったと言えるのではないでしょうか。

ウマ娘の馬主がディープインパクトの使用を激怒

ウマ娘プリティーダービー作中に、ディープインパクトが登場しない理由として、馬主である水内洋一氏が使用に対して激怒した、という説があります。

作者側が水内氏に打診したところ、当初は使用を渋っていたものの、最終的には許可する意向を示したとされています。しかしその後、SNS上でディープインパクトの設定画像が投稿されるという出来事がありました。これを知った水内氏は作者側の対応に激怒。許可を取り消し、使用を認めない決定を下したと言われています。

この一連の経緯により、作者側と水内氏の関係が決定的に悪化。作中へのディープインパクト登場が不可能になったと見られています。水内氏にしてみれば、許可なく設定画像が公開されたことは約束違反と捉えたのかもしれません。馬主としてのプライドが許さなかったのです。

ただ、設定画像の投稿が作者側の意図したものだったのかは不明です。関係者の思わぬミスによるものだった可能性もあります。水内氏の怒りもやむを得ない面があったと言えるでしょう。

ウマ娘にオルフェーヴルはいるがディープインパクトがいない理由

ウマ娘プリティーダービーには、オルフェーヴルがキャラクターとして登場しています。オルフェーヴルもまた、三冠レースである菊花賞を制した実績のある名馬です。それなのに、なぜディープインパクトだけが登場していないのでしょうか。

その理由として考えられるのが、オルフェーヴルの馬主がディープインパクトの馬主よりも作品への理解があったことです。オルフェーヴルの馬主はキャラクター設定について作者側と積極的に協議。作中のイメージを損ねない範囲で登場を認めたと言われています。

一方、前述の通りディープインパクトの馬主は作中設定への不安が強く、使用を拒否した経緯があります。同じ三冠馬であるにも関わらず、馬主の作品に対する姿勢の違いが、作中への登場の有無に影響を与えたと考えられます。

競馬ファンからすると、二大ライバルであるオルフェーヴルとディープインパクトが作中で競演するのが理想的でした。しかし、馬主の意向を尊重するために、ディープインパクトのみ登場が見送られたのだと理解できます。馬主の協力がなければ、作中で馬を活用することは不可能に近いのが実情なのです。

ウマ娘へのディープインパクトの追加をファンが望む

ウマ娘プリティーダービーは、実在の名馬をモデルとしたキャラクターが人気を集めるメディアミックス作品です。そのなかでも、三冠馬ディープインパクトのみが作中に登場していないことに、多くのファンが疑問を呈し、追加を望む声が上がっています。

ディープインパクトは最強の競走馬として競馬ファンに強烈な印象を残しています。作中に欠けていることは、非常にったいないと感じるファンが大勢いるのです。SNS上には「ディープインパクトをウマ娘に!」といった投稿が後を絶ちません。

また、オルフェーヴルやゴールドシップといったライバル馬が作中に登場していることから、ディープインパクトも追加されるべきだとの意見も根強くあります。作中で活躍馬が競演することこそ、ファンにとって楽しみな要素の1つと言えるでしょう。

ただし、追加の可否は作者や馬主次第の部分も大きいため、ファンの声が即座に実現につながるわけではありません。今後、作者側が馬主などに働きかけを行い、追加の条件を整えていけるかが、カギを握りそうです。ファンの期待に応えられるよう、作者側の努力が求められていると言えるでしょう。

ウマ娘ディープインパクト不在の真相は不明

ウマ娘プリティーダービーにディープインパクトが登場しない真相については、作者側から明確な説明がないため、真相は不明のままです。馬主側への取材を试みても、歯に衣着せぬ回答が得られないのが実情でしょう。

前述の通り、使用不許可は馬主の意向だと噂されていますが、作者側から正式にそうした説明が出ていません。馬主が公式の場で不許可を明言したこともありません。憶測の域を出ないのです。

そもそも、作者と馬主側の間で、どのような打診や協議が交わされたのかも不透明です。使用許可を巡るやり取りの内容が明らかになれば、不在の真相に迫れる部分もあるでしょう。しかし現状、第三者がそうした内実に切り込むことは困難な状況にあると言えます。

作品の知名度が上がれば、作者側も事情を説明する必要に迫られる時が来るかもしれません。それまでは、不在の真相は闇の中と言えるのが実情でしょう。ファンとしては惜しまれる結果ではあるものの、関係者の事情を尊重せざるを得ません。

ウマ娘からディープインパクトが消えた疑惑

ある説によると、ウマ娘プリティーダービーの初期設定時点では、ディープインパクトのキャラクターが存在したものの、その後削除されたという疑惑が存在します。裏付けは不足しているものの、仮に事実なら作品に大きな影響があったことは間違いありません。

この説が事実であるとすれば、当初は馬主も作中登場を承諾していたということになります。その後、何らかの理由で方針を変更し、作者側に削除を要求したという流れになります。

登場が決まっていたにも関わらず、後に削除されることとなれば、設定やストーリーにも大きな影響が出たはずです。構成を変更せざるを得なかったため、作品全体の質にまで影が落ちたのではないか、と懸念する向きもあるようです。

いずれにせよ、削除説の真偽は不明のままです。開発当初から不在だった可能性も捨て切れません。真相究明は困難と言わざるを得ませんが、仮に事実なら作者側の努力不足を疑う声も出てくるかもしれません。

ウマ娘にディープインパクトを追加する方法はあるのか

ウマ娘プリティーダービーに、人気馬のディープインパクトを追加する方法はあるのでしょうか。作中に登場しないことに対するファンの声は根強く、作者側にも対応が求められるところです。

  1. ウマ娘へのディープインパクト追加を制作側に要望
  2. ウマ娘ディープインパクトのファンアートが話題に
  3. ウマ娘ディープインパクト追加の可能性は低い?
  4. 新ウマ娘でディープインパクトを実現できるか
  5. ウマ娘ディープインパクトの同人誌を制作
  6. ウマ娘にディープインパクトを追加する方法はないか
  7. ウマ娘ディープインパクトの総括

ウマ娘へのディープインパクト追加を制作側に要望

ウマ娘プリティーダービーの制作側に対し、ファンからディープインパクト追加の要望が寄せられています。SNS上では「ディープインパクトを追加してほしい」といった投稿が後を絶ちません。

制作側が競馬ファンの声に応え、馬主ら関係者と交渉を重ねて追加を実現できれば、作品の完成度は一気に高まると期待されています。ディープインパクト不在が残念なファンは多数おり、その熱意が制作側に訴えかけられています。

もちろん、追加の可否は制作側の努力次第というわけではありません。馬主などの承諾を得る必要があるため、要望だけで直ちに実現できるわけではないのが現状です。

しかし、制作側がファンの思いに積極的に応えようとする姿勢があれば、関係者を説得する確率は高まるはず。追加への道は決して閉ざされていないと言えるのではないでしょうか。ファンは制作側の前向きな対応を期待したいところです。

ウマ娘ディープインパクトのファンアートが話題に

ウマ娘プリティーダービーには登場しないディープインパクトですが、ファンの間では自主制作(同人誌等)の人気が高く、作中にないキャラクター設定も存在感を放っています。

とくに注目を集めているのが、ディープインパクトのキャラクターを描いたさまざまなイラスト(ファンアート)です。SNS上で多数投稿されており、その完成度の高さや可愛らしさが話題となっています。

こうしたファンアートが人気を集めている背景には、実際の作中に登場しないことへのさまざまな想いがあるのでしょう。登場を熱望する声に応える形で、ファンが自発的にキャラクター像を作り上げていると言えます。

作品関係者も、こうしたファンの自主制作に期待を寄せていることでしょう。作中登場への機運を高められるだけでなく、設定案の参考にもなることが期待できます。ファンの創造性が作品をさらに豊かなものへと導いていくのです。

ウマ娘ディープインパクト追加の可能性は低い?

残念ながら、ウマ娘プリティーダービーへのディープインパクト追加が実現する可能性は低いのではないかと言われています。

これまで触れてきた通り、使用不許可の主な原因は馬主側の意向にあると考えられます。作者側が熱望していたとしても、馬主の承諾が得られなければ追加は不可能です。

過去の経緯から判断して、馬主が方針を転換する可能性は低いと見られています。むしろ、作者側への不信感が募る一方ではないかと懸念する見方さえあります。

もちろん、追加を希望する声が上がっていることを馬主側も把握しているはずです。その点を考慮して、若干なりとも許可の糸口が見いだされる希望も捨てきれません。

しかし、作中設定を巡る懸念が払拭できない限り、使用許可に至る可能性は低いのが実情でしょう。ファンとしては残念ながら、現状では追加を期待しにくいのが正直なところではないでしょうか。

新ウマ娘でディープインパクトを実現できるか

ウマ娘プリティーダービーにディープインパクトが登場しないことへの批判を受け、新たなウマ娘作品での採用を検討しているとの情報があります。新作品であれば、作中設定を巡る縛りが緩和され、実現の可能性が高まるからです。

もちろん、新作であっても馬主の承諾を得る必要がありますが、作者側がキャラ設定について馬主を納得させる新たな案を用意できれば、追加の道は開けると見られています。既存のウマ娘から独立した新設定であれば、馬主側も許可に前向きになるのではないかと言われています。

前向きな兆候と受け止めているファンも多く、新作品が実現すればディープインパクト登場の期待が高まることでしょう。競馬ファン感激の瞬間を用意できるかどうか、作者側の腕の見せ所となりそうです。馬主の納得とファンサービスの両立を、どこまで成し遂げられるか。新作に大きな期待が掛かっていると言えます。

ウマ娘ディープインパクトの同人誌を制作

ウマ娘プリティーダービーには登場しないディープインパクトですが、ファンの間では同人誌の人気も高く、多くの作品が生み出されています。

同人誌では、公式設定とは異なる独自のキャラクター像やストーリーが展開されます。アニメにない要素を盛り込むことで、作品の可能性が大きく広がります。

ディープインパクトもまた、同人設定によってファンの間で大きな存在感を放っています。個性豊かなキャラクター像が生み出され、人気を博しているのです。

同人誌に描かれるディープインパクトは、アニメ本編に登場した場合とはまた異なる魅力を放ち、ファンを惹きつけていると言えます。公式設定への思い入れとは別の楽しみ方ができるのが魅力的なのでしょう。

今後も、同人誌によるディープインパクトの活用は盛んになるものと予想されます。アニメ本編への登場を諦めきれないファンの想いがつまった作品が数多く生まれてくることでしょう。

ウマ娘にディープインパクトを追加する方法はないか

これまで触れてきたように、ウマ娘プリティーダービーへのディープインパクトの追加は困難な状況にあります。しかし、追加を望む声は根強く、作者側にも何らかの工夫が求められるところです。

例えば、ゲーム版など派生作品の方で、ディープインパクトを参戦馬として加えることが考えられます。アニメ本編への登場が難しくとも、ゲーム内なら設定上のリスクが低減されます。

また、ディープインパクトをモチーフとした新キャラを制作する方法もあり得ます。名前や設定を変えることで、馬主の不安を払拭できる可能性があるでしょう。

いずれにせよ、ファンが望むディープインパクトの登場を実現するには、作者側の創意工夫が求められるところです。馬主側の理解を得つつ、ファンに喜んでもらえる方策を見いだせるかが、今後の鍵を握っていると言えるでしょう。

ウマ娘ディープインパクトの総括

・ディープインパクトは三冠馬だがウマ娘には登場していない
・馬主の水内氏がキャラ設定を巡って許可しなかったとされる
・オルフェーヴルがいるのにディープインパクトがいないことに疑問の声が上がる
・ファンからディープインパクト追加を望む声が多数あがっている
・作者側も当初から追加を希望していたと言われている
・水内氏はディープインパクトのイメージが損なわれることを懸念した
・新作品での採用が検討されており、実現の可能性がある
・同人誌等のファン作品でディープインパクトは人気が高い
・真相は不明な部分も多く、謎に包まれたままだ
・追加の方法はあるか作者側の努力が求められている

その他の記事

ウマ娘三女神炎上: ゲームバランスを揺るがす事件の全貌

 

コメント

  1. ( ᐙ ) より:

    誰の話をしているんだ?

  2. 水内洋一 より:

    チャットGPTに書かせるな

  3. ( ⸝⸝•௰•⸝⸝ ) より:

    言っていることがダラダラと同じことばかり繰り返していて中身がない

  4. 金子真人 より:

    間違ったことばかり書かないでください

タイトルとURLをコピーしました