このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

損保ジャパンの評判が最悪の理由と対処法を徹底解説

学習

損保ジャパンは、日本有数の大手損害保険会社ですが、評判が最悪だと言われるケースが少なくありません。その理由としては、主に自動車保険の払い渋り問題や事故対応の遅さ、ビッグモーターとの癒着疑惑などがあげられます。

損保ジャパンは業界2位の売上高を誇る巨大保険会社であるため、ひとたび問題が発生するとその影響は計り知れません。実際、ビッグモーター問題が発覚した際には株価が大幅に下落するなど企業イメージにも大きなダメージを受けました。

そこで、なぜ損保ジャパンが「評判最悪」と言われるのか、その理由と対策について詳しく見ていきましょう。

損害保険業界でトップシェアを誇る損保ジャパンですが、時としてその評判は最悪と言われることがあります。大手であるがゆえの官僚的な対応、払い渋りなどの問題が指摘されています。一方で、補償内容は手厚く評価する声もあり、評価は真っ向から分かれるところです。

損保ジャパンは評判最悪の理由とは

  1. 損害保険業界での損保ジャパンの位置づけ
  2. 自動車保険の苦情件数ランキング
  3. 損保ジャパンの評価ランキングと口コミ
  4. 損保ジャパンの払い渋り問題
  5. 損保ジャパンのビッグモーター問題
  6. 損保ジャパンへの批判とexpec
  7. 損保ジャパンに強い弁護士への相談
  8. 損保ジャパンとあいおいニッセイ同和の比較
  9. 損保ジャパンの対応の問題点

損害保険業界での損保ジャパンの位置づけ

損保ジャパンは、SOMPOホールディングスグループの中核をなす損害保険会社です。国内シェアは15%強で、損害保険業界では東京海上日動に次ぐ2番手の売上高を誇っています。自動車保険をはじめ、火災保険や傷害保険など個人向け保険が主力商品となっていて、代理店経由での販売が9割以上を占めています。

損保ジャパンの強みは、全国に10万店舗以上ある代理店ネットワークにあります。自動車販売店や代理店との強固な提携関係が、高いシェア獲得につながっているのです。一方で、代理店の対応次第でサービス品質に差が出てしまう課題もあり、評判を最悪にしている要因の1つといえます。

自動車保険の苦情件数ランキング

損保ジャパンの評判が最悪だと言われる理由の1つが、自動車保険に対する苦情件数が業界でトップクラスに多いことです。日本損害保険協会が公表しているデータによると、損保ジャパンの苦情件数は年間5万件を超えており、業界ワースト2位の数字です。

苦情の内容を見ると、特に事故時の対応に関するクレームが最も多く、保険金の不払いや対応の遅れに不満を訴える声が続出しています。保険事故という緊急事態に対し、損保ジャパンの対応が後手後手に回っている実態がうかがえます。

損保ジャパンの評価ランキングと口コミ

様々な保険評価サイトでの損保ジャパンの評判を見てみると、必ずしも高くない評価結果となっています。例えば、保険クリニックの保険会社評価ランキングでは、総合評価で業界15位と低迷しています。

個々の口コミを見ても、担当者の対応の悪さや事故処理の遅さを指摘する声が目立ちます。一方で、補償内容の充実さに関しては高い評価を得ているため、評価が真っ向から分かれる保険会社といえます。

損保ジャパンの払い渋り問題

損保ジャパンが最悪の評判となる要因の1つに、保険金の「払い渋り」があります。実際に保険事故に遭った際、約束された保険金が思うように支払われないケースが後を絶たないのです。

例えば、車の修理費用に関しては、損保ジャパンが提示する修理工場を利用することを強要されることがあります。また、治療費の補償においても、損保ジャパンの指定する医療機関での治療を求められるため、納得できない対応に困惑する利用者も少なくありません。

損保ジャパンのビッグモーター問題

最近では、ビッグモーターの不正請求問題に関連し、損保ジャパンの名前も取り沙汰されています。ビッグモーターが顧客の車をわざと傷つけ、保険金をだまし取っていたことが判明したのですが、損保ジャパンも内部で関与していたのではないかと疑惑が浮上しています。

実際、損保ジャパンにはビッグモーター専用の簡易査定チームがあり、不正請求を看過していた可能性が指摘されています。また、損保ジャパンはビッグモーターの大株主でもあることから、密接な資本関係が問題視される結果となってしまいました。

損保ジャパンへの批判とexpec

SNS上には「損保ジャパンは最悪」「評判炎上」など、損保ジャパンに対する辛辣な批判コメントが絶えません。ネット上の評判を見ると、払い渋りや事故対応のずさんさ、時には加害者寄りの対応に対する不満の声が上がっています。

一方で、補償内容は手厚いと評価する意見も少なくありません。

損保ジャパンに強い弁護士への相談

損保ジャパンとのトラブルが発生した場合、弁護士に相談するのが効果的な対応策となります。特に、損害保険に強い実績を持つ弁護士であれば、保険約款の解釈や事例に基づいた適切なアドバイスをしてくれます。

弁護士は損保ジャパンとの交渉において、保険金の不払いや低額支払いを防ぐことができます。また、訴訟に発展した場合でも、保険会社に対する訴訟経験が豊富な弁護士であれば、裁判所での主張が有利になるでしょう。

ただし、弁護士に依頼するには一定の費用がかかります。「払える保険金」を最大限引き出すことができれば、その分コストは相殺できると考えるべきです。

損保ジャパンとあいおいニッセイ同和の比較

損保ジャパンと並ぶ大手損保の1つに、あいおいニッセイ同和があります。業界3位のシェアを誇る同社は、損保ジャパンと比較すると評判の点である程度優位に立っています。

例えば、保険金支払い件数を示す正味損害率は、損保ジャパンが64.1%に対し、あいおいニッセイ同和は69.4%と高水準。保険金の払い渋りが相対的に少ないことがうかがえます。

また、オリコンの保険会社評価ランキングを見ても、総合評価は損保ジャパンが業界15位なのに対し、あいおいニッセイ同和は業界8位と上位に位置しています。

保険選びの際は、評判だけでなく補償内容や保険料を比較検討することが大切です。

損保ジャパンの対応の問題点

損保ジャパンのサービスが最悪だと言われる理由の1つが、問題発生時の対応のずさんさにあります。特に、自動車保険の事故処理において、迅速な動きが見られないケースが多いのです。

例えば、事故発生から保険会社への第一報までに数日かかることも珍しくありません。事故車両の修理工場も、損保ジャパンの指定先に限定されることがほとんど。自由に選ぶことができないため、利用者の不満につながっています。

さらに、保険金の支払いという最終 processesにおいても、1カ月以上待たされるなどの遅延が発生することが少なくありません。保険会社の対応スピードが事故解決の鍵を握っていると言えるでしょう。

評判最悪の損保ジャパンへの対策

  1. 損保ジャパンの評判を知ることの重要性
  2. 保険選びのポイントを押さえる
  3. 弁護士に相談するメリット
  4. 保険会社の比較検討をする
  5. 評判の確認を怠らない
  6. 損保ジャパンの評判は最悪か?総括

損保ジャパンは、自動車保険をはじめとする損害保険の分野で大手の地位を確立しています。その一方で、払い渋りや事故対応の遅さから、評判は必ずしも良いとは言えません。そこで、損保ジャパンを選ぶ際のポイントを整理しましょう。

損保ジャパンは、加入者数が多い割には評判が思わしくない保険会社だと言われています。事故対応のスピード感に課題があることから、対策をしっかりとっておく必要がありそうです。

損保ジャパンの評判を知ることの重要性

損保ジャパンのような大手保険会社の場合、テレビCMなどの露出が多く、認知度は高いものの、実際のサービス内容や評判までは知らない人も少なくありません。

そのため、契約前には保険評価サイトなどを参考に、実際の評判をしっかりと確認することが重要になります。払い渋りや事故対応の問題が多いことを知っているだけで、トラブルに備えられるのです。

また、親族や知人からの紹介保険にそのまま入るのではなく、自分なりに比較検討をする習慣が必要

です。

保険選びのポイントを押さえる

損保ジャパンの自動車保険を選ぶのであれば、いくつかのポイントを押さえておくと良いでしょう。まずは、代理店の対応力に差があることを認識し、評判の良い代理店を選ぶことが重要です。

次に、補償内容と保険料のバランスをしっかり見極める必要があります。損保ジャパンの保険料は必ずしも安くないため、補償内容の十分な理解が欠かせません。

さらに、他社との比較検討を行うことで、より自分に適した保険会社を見つけることもできるでしょう。損保ジャパンにこだわらずに選択肢を広げることが大切です。

苦情処理機関を活用する
もし、損保ジャパンとの間で保険金の不払いなどのトラブルが発生した場合は、独立した第三者機関に相談することをおすすめします。

例えば、「損害保険相談・紛争解決センター」では、保険会社との交渉窓口を無料で提供しています。関係改善が困難な場合は、弁護士による和解仲介手続きに移行することも可能です。

いざという時のために、苦情処理機関の存在を知っておくことが大切です。

弁護士に相談するメリット

損保ジャパンとの折衝が難航した場合は、専門家である弁護士に早い段階で相談することをおすすめします。自動車事故などの損害保険が専門の弁護士であれば、保険会社との交渉において非常に力を発揮してくれます。

弁護士は保険約款に明確な根拠を示し、保険会社に保険金支払いを主張することができます。場合によっては、訴訟を介して保険金を取得することも可能です。手間と費用はかかりますが、最終的に大幅な保険金を取り戻すことが期待できるのです。

保険会社の比較検討をする

損保ジャパンに限定せず、複数の保険会社の内容を比較検討することが重要です。WEB比較サイトを利用すれば、自動車保険の補償内容や保険料を一括で比較でき非常に便利です。

比較する際のポイントは、保険料だけでなく、付帯されるサービス内容、事故時の対応力、解約のしやすさなど多面的な要素を確認すること。色々な角度から検討し、自分にとって最適な保険を選ぶことが大切です。

評判の確認を怠らない

保険会社の評判を確認するには、公式の評価ランキングだけでなく、SNS上の口コミなどもチェックすると良いでしょう。実際の利用者の生の声を知ることで、評判の真偽がよくわかります。

例えば、損保ジャパンの場合は、事故対応のスピード感に課題があるといった具体的な指摘が目立ちます。こうした利用者目線の情報を参考に、保険会社の長所と短所を見極めていきたいものです。

損保ジャパンの評判は最悪か?総括

  • 損保ジャパンは業界2位のシェアを誇る大手保険会社
  • 自動車保険の苦情件数が業界ワースト2位と多い
  • 保険料払い戻し率が低く、払い渋りの傾向がある
  • 事故対応が遅い、スピード感に欠けるとされる
  • ビッグモーターとの癒着疑惑が信頼を落とした
  • 保険料は安くないのに評判は必ずしも高くない
  • 代理店の対応力のばらつきがサービスの格差を生む
  • 補償内容の確認を怠らず、保険料とのバランスを見る
  • 他社と比較検討し、自分に適した保険を選ぶことが大切
  • 評判サイトやSNSの口コミで実際の評価を確認する
  • トラブル時は相談センターや弁護士に相談するとよい

その他の記事

ロッキーオートの評判は本当に悪い?実際の利用者の声を分析

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました