このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

ミスドギフトカードはどこで買える?購入方法と利用のコツを詳しく解説

学習

ミスドのギフトカードは、記念日の贈り物や自分へのご褒美に人気のアイテムです。しかし、ミスドのギフトカードはどこで購入できるのでしょうか。

ミスドのギフトカードには、紙の商品券タイプと電子マネー型のプリペイドカードの2種類があります。商品券は店頭で購入できますが、プリペイドカードはチャージが必要など特徴が異なります。

この記事では、ミスドのギフトカードの種類と、実店舗やオンラインでの購入方法、利用のコツを詳しく解説します。ミスドのギフトカードを上手に活用したい方はぜひ参考にしてください。

この記事のポイント

・ミスドギフトカードの種類
・店頭とオンラインでの購入方法
・実店舗とオンラインのメリット・デメリット
・ギフトカードの利用の仕方

ミスドのギフトカードはどこで買える?入手する方法

  1. ミスドギフトカードの概要
  2. ミスドカードの種類
  3. ミスドカードの購入場所
  4. ミスドカードを店舗で購入する
  5. ミスドカードをオンラインで購入する
  6. ミスドカードのチャージと利用
  7. ミスドカードのメリットとデメリット

ミスドギフトカードの概要

ミスドのギフトカードには、大きく分けて次の2つの種類があります。

1つは、商品券タイプの「ミスタードーナツ商品券」です。これは紙の商品券形式で、店頭で500円分の商品券を購入し、ドーナツなど商品の支払いに利用できます。有効期限がなく、お釣りも出るので使い勝手が良いのが特徴です。

もう1つは、プリペイドカードタイプの「ミスタードーナツカード」です。これは店頭で現金をチャージしておき、ドーナツなどの支払いに繰り返し利用できるプリペイドカード形式のものです。残高の有効期限がある点と、チャージが必要な点が特徴です。

この2つのカード類は、ミスタードーナツ店舗でのみ利用でき、他の小売店舗では利用できません。支払い方法として、現金のほか電子マネーや携帯電話の支払いも可能です。

ミスドカードの種類

ミスドで利用できるカードには、主に次の3種類があります。

ミスタードーナツ商品券(紙の商品券500円券)
ミスタードーナツカード(プリペイドカード)
デジタルギフトカード(LINEギフトなど)
商品券は無期限で使えるのがメリットですが、店舗に在庫がない場合もあります。

プリペイドカードはチャージして繰り返し使えますが、有効期限があるのがデメリットです。

デジタルギフトならいつでも購入できますが、有効期限が6ヶ月と短いのが欠点です。

用途や利用シーンに合わせて、カードの種類を選択すると良いでしょう。

ミスドカードの購入場所

ミスドのカードを購入できる主な場所は以下の通りです。

ミスタードーナツ店舗(商品券・プリペイドカード)
金券ショップ(商品券)
フリマアプリ(商品券の転売)
LINEギフト/giftee(デジタルギフトカード)
実店舗だと即日で購入できますが、店舗によっては取り扱いがない場合も。デジタルギフトなら24時間購入可で便利です。

インターネット上の個人間取引には注意が必要です。商品券の枚数や有効期限を確認することをおすすめします。

ミスドカードを店舗で購入する

ミスドのカードを実店舗で購入する場合のメリットは、その場でカードを取得でき、すぐに利用できることです。

店頭で購入できるのは、ミスタードーナツ商品券(500円券)と、ミスタードーナツカード(プリペイドカード)の2種類です。

商品券の場合は、無期限で利用でき、お釣りも出るので使い勝手が良いです。プリペイドカードはチャージが必要ですが、残高や特典ポイントが管理できて便利です。

一方で、実店舗のデメリットは、店舗によっては取り扱っていない場合があることです。事前に公式サイトや店頭で在庫確認が必要不可欠です。

また、商品券は注文から数日待つ必要がある店舗もあるので、購入までに時間がかかる場合もあります。

ミスドカードをオンラインで購入する

ミスドのカードをオンラインで購入する場合、LINEギフトやgifteeといったデジタルギフトサービスを利用するのがおすすめです。

これらのサイトでは、200円~1000円のギフトチケットを購入できます。24時間いつでも購入でき、メールやSNSで簡単に送れるのでとても便利です。

自分用に購入しておき、ドーナツを食べに行った時に使うこともできます。残額が残っているのは有効期限内であれば次回に使えるので便利です。

一方、デメリットは有効期限が6ヶ月と短いことです。利用予定のない場合は、有効期限内に使い切る必要があります。

Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングでの購入は基本的にできません。ドーナツとのセット商品の優待券が売られている場合もありますが、ミスドカードそのものは販売されていないので注意が必要です。

ミスドカードのチャージと利用

ミスドのプリペイドカードであるミスタードーナツカードは、事前にチャージ(入金)しておく必要があります。

チャージはカードを購入したミスタードーナツ店舗や、WEBサイトから行うことができます。

店頭の場合は500円単位で、WEBの場合は1000円単位でチャージでき、入金の上限額は2万円です。

入金した金額から商品の支払いに利用でき、不要な金額を入金する必要がないので便利です。

カードの残高や入金履歴、特典ポイントはWEBのマイページで確認できるので、利用状況を把握しやすいのも魅力的です。

一方で、最終利用から3年で自動的に残高が失効してしまうので、定期的な利用が必要となります。

ミスドカードのメリットとデメリット

ミスドカードのメリットとデメリットをまとめると以下の通りです。

【メリット】

店舗利用時に現金が不要で便利
繰り返しチャージして利用できる
利用履歴や残高が把握できる
送料の心配がない
【デメリット】

店舗によっては取り扱っていない場合がある
商品券は注文から発送まで日数がかかる
プリペイドカードは有効期限がある
紛失すると現金同様に失効してしまう
利用目的に合わせて、メリットデメリットを考慮してカードの種類を選ぶのがおすすめです。贈答用なら商品券、自分用ならプリペイドカードの利用が便利といえます。

ミスドギフトカードはどこで買える?手に入れるコツ

ここでは、ミスドのギフトカードを実際に手に入れるためのコツを解説します。

  1. ミスドカード廃止の経緯
  2. ミスドカードが使えるお店
  3. プレゼント用に購入する
  4. カードのチャージ方法
  5. 利用者の口コミ
  6. ミスドカード豆知識
  7. ミスドギフトカードどこで買えるの総括

ミスドカード廃止の経緯

過去にミスドで展開していたポイントカードは、2013年9月にサービスが終了しています。

主な廃止の理由は、ポイントの有効期限が1年と短く、お客様にとって使いにくいシステムだったことです。

現在はポイントサービスに代わり、商品券やプリペイドカードをメインのギフトカード商品として展開しています。

ミスドカードが使えるお店

ミスドのギフトカードはミスタードーナツ店舗でのみ利用できます。

店舗が入居するショッピングモールで使える共通モールカードとは異なるので、他の店舗では原則利用できません。

商品券、プリペイドカードとも共通の使える店舗で、全国のミスタードーナツ店舗が対象となります。

500円券で利用する
ミスドで一番手に入りやすいのが、500円の商品券です。

例えば人気のボストンドーナツは1個108円なので、500円券で4個購入することができます。

500円分の商品券やチケットを2枚合わせることで、より高額な商品を購入することも可能です。

プレゼント用に購入する

ミスドの商品券は記念日のプレゼントにも人気です。実店舗での購入がおすすめで、必要に応じてギフトBOXに入れてもらうことも可能です。

金額は予算に合わせて500円券や1000円分の複数枚を用意するとよいでしょう。

デジタルギフトならメールで送ることができるので、遠方の人に贈るにも便利です。

カードのチャージ方法

プリペイドカードのチャージは、実店舗とWEBのどちらでも行えます。

実店舗の場合はレジで支払い時に現金でチャージできます。最低金額は500円からです。

WEBの場合はクレジットカード決済で、1,000円単位で最大2万円までチャージできます。

チャージを忘れずに定期的に行うことで、有効期限内にカードを活用することが可能です。

利用者の口コミ

ミスドのギフトカードを利用した人の口コミを見てみましょう。

「贈られた500円券でうれしく4個買って食べた」

「カードが使えなくなるまで定期的に利用している」

「遠方の家族にデジタルギフトで送った」

実際に使った人の声を参考に、自分の利用目的に合ったカードを選ぶことをおすすめします。

ミスドカード豆知識

最後に、ミスドカードの豆知識を紹介します。

商品券は紙の500円券のみで、複数枚持てる
プリペイドカードは1枚のみで、紛失時は再発行不可
ポイントサービスは2013年で終了し、現在はない
他社のギフト券は利用不可で、ミスドカードのみ使える
こうした知識を持っておくことで、トラブルを避けて上手に利用することができるでしょう。

ミスドギフトカードどこで買えるの総括

・ミスドカードには商品券とプリペイドカードの2種類がある
・商品券は無期限でお釣りも出るのがメリット
・プリペイドカードは残高を管理できるのが魅力的
・実店舗のメリットは即日利用できること
・オンラインは24時間購入可だが期限が短い
・商品券は店頭や金券ショップで購入できる
・プリペイドカードはチャージが必要
・デジタルギフトはLINEギフト等で購入可能
・店舗によっては取り扱っていない場合もある
・商品券は発送に日数がかかるケースも
・プリペイドカードは3年で残高が失効する
・メリットは現金不要で便利なこと
・デメリットは期限の管理が必要なこと

その他の記事

727の化粧品はどこで買えるか?入手方法と選び方のポイント

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました